2006・06
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ドアを開けるもの (2006/06/28)
20060628091426.jpg

旅がしたいです。旅行なんかじゃなく、旅が。

今まで色々な所に行って、経験的に学んだことがある。
一つは、永遠に続く旅なんてものはあり得ない。旅はいつか終わる。
もう一つは、旅の本質はそれ自体よりも、
旅したことを思い出すことにあるということだ。

旅を終えて、幾月か幾年か経って、思い出す。その頃の自分と今の自分を照らし合わせて、現在自分が立っている場所を知る。
それが旅をする意味。


時計 (2006/06/24)
img048.jpg

懐かしい。
この頃は夏の盛りで、僕は19歳で、漠然と世界を呪っていた。

この時計は壊れて止まったままなのに、時間は進んでしまう。

一年経った今、今度は自分を呪った。
何故かって?カップ焼きそばの内蓋を湯切りする前に剥がしてしまったんだよ。
そんなオチ。


- (2006/06/23)
21530003.jpg

シンプルであるというのは本音で話すことと同じくらい困難だし、勇気がいる。


生きる (2006/06/19)
生きる意味なんてないです。少なくとも僕の人生には。
客観的に見て、世の中にとって僕の存在が必要不可欠だとは到底思えないし。(誰かの主観的な思いでは必要であって欲しいけど。笑)
そもそも、生まれるべくして生まれたとか、確固たる何かを持って生まれたとか、自分の意志によって生まれたとか、そういう訳ではないもの。英語で“I was born”って言うけど、つまりはそういうことです。


でもね、生きる理由ならありますよ、ちゃんと。
やりたいことがあるなら生きていたいよ。そして一度始めたらやり遂げなくちゃいけないからね。それは生まれてから誰かに強制されたものじゃなくて本当に自分で見つけてきた、純粋な僕自身だから。


(2006/06/17)
21530042.jpg

普段は犬とか猫とかの類はほぼ撮らないんですけどね。
何がそうさせたかと言えば、良い天気と平和なカメラの所為だ。
にしても俺が写真撮ると犬まで憂鬱そうに写るのか。
いや、僕が憂鬱そうだと言ったことによって憂鬱そうに見えるのかもしれない。言葉の罠だ!

そうそう、好きに見りゃあいいんですよ、写真なんて。
いちいち僕が鑑賞者の横について「これは~」なんて言ってたら野暮ったいもの。




オマエハシネ (2006/06/13)
_MG_1073.jpg

一夜明けました。
打ち上げ行って4時くらいまで飲んでたから今日も続きみたいなもんだけど。頭痛いよ。前は二日酔いじゃなくて当日にキたんだけどな、年食ったね(笑)

なんだか、大好きな小説を読み終えたときと同じ気分がする。
昨日の出来事の余韻が輝き過ぎて、独りでいるのが少し寂しいような、そんな気分。

でも別に嫌な感じはしないよ。
そこいらにガラスの小瓶があったら、それに詰めて取って置きたいくらい。
まぁ、そんな都合の良いものがあるとは思わないから、写真を眺めたり、CDを聴いたりして(もちろん、NADSADの)やり過ごしている。
一度浮いた感情は、自然と自分に帰化するまで待てばいいだけの話だものね。
そしたらまた、次の準備をすればいいのさ。


さぁ、面白くなってきたじゃないか。
これが僕の日常なんだと思うとぞくぞくする。


ゲリラフォト (2006/06/09)
IMG_0860.jpg

何周したかな?いい運動になったね(笑)

NADSADのライブで使う写真を選んだりプリントしたりしなきゃいけないのになんもやってねー…。

今度は小さめのをブワーって沢山貼ろうと思います。
素人っぽくない程度にね。


のず (2006/06/03)
IMG_0842.jpg


PHOTOBLUFF
© 相沢 琢磨 2006. (http://peter1985.blog41.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。