2006・08
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



切ないまでに深く (2006/08/31)
_MG_1861.jpg
寂れた洋品店のご婦人は澄ましたまま動くことはなかった。
ずっとそのままでいてくれ。僕のためにも。


世界の全てが恨めしくて、呪詛の念を撒き散らしたくなる気分と
世界の全てが愛しくて愛しくて、身悶えるような気分が
交互にやってくる。

たぶん、僕は生きることに恋をしている。


表現の神様 (2006/08/29)
_MG_1689.jpg
都会では自殺する若者が増えている
今朝来た新聞の片隅に書いていた
だけども問題は今日の雨
傘がない

さて、神様ってのは本当に残酷なことをするね。
君の命はいらなかったらしい。
でももう怖いものはないだろう?
やれよ、やるべきことを。

生きて表現し続けろ。


温度 (2006/08/28)
_MG_1810.jpg
朽ちてもなお内部に暖かい温度を保つような
そういうものが必要だったんだと思う

触れると痛いことばかりだけど
それでもなんとかやっていくためにさ


ONE (2006/08/27)
20060825194920.jpg
「実をいうとこれまでわたしにはそういう迷いってまるでなかったの。
自分に自信があるとか、才能を確信しているとか、そういうのじゃないのよ。
わたしだってそれほど能天気な人間じゃない。
自分が中途半端で自分勝手な人間であることは分かっている。
でも迷うということはなかった。
多少の間違いがあるにせよ、大まかにいえば正しい方向に進んでいると信じていた」


. (2006/08/24)
_MG_1849.jpg
かなりの時間を写真について考えることに費やしている。
それと同じくらいの時間をかけて写真を撮る。
だから、言いたいことも見せたいものも沢山ある。

でも残念なことにその全てを曝け出すわけにはいかないんだよ。
今はね。


殻破り言葉遊び (2006/08/21)
IMG_2061.jpg
荷物をほとんど持たないで街まで出かける。
ぶらぶら歩いて本屋をハシゴしているうちに
「あれ、此処はどこで何をしにきたんだっけ?」状態。
僕はいつも読んでる雑誌を買うがてらに写真集漁りに来たんである。
すでに当初の目的はどうでもよくなって、
書物の情報よりも自分の頭を優先し雑誌は買わずに退店。
外は暗い。またぶらぶら。
至極ゆっくり歩き、時々ふと立ち止まったりするもんだから、
通行人の邪魔になるわなるわ。
忙しそうなサラリーマンのフラストレーションをぶつけられそうになるも、気にせずぶらぶら。
世界は僕のためにあるんです。ピースフル。イェイ★
今や脳内は宇宙空間のごとく勝手に回り続ける。
力が要らないから楽。
草冠で薬。つまり脳内麻薬。
さぞや恐ろしいことでしょう、さぞや。
一人の若者が目をグルグルさせて呆けて歩いているんである。
周りの目には毒。

さて、そろそろ殻は破れたかしら?


精神旅行 (2006/08/19)
IMG_2015.jpg
東京は夜でも明るい。


多分、僕みたいなのはどこにでもいて、
現在の僕が撮りうる写真は他の誰かがすでに撮ってる。
僕が知らないだけだ。

僕にはまだ個性なんてものはない。
今まで僕が感じていたのは単なる自己愛です。
それが崩れるのが怖くて人の写真をまともに見れなかった。
100年早い。

でも不思議と悲観的にはならないね。むしろホッとする。
だって自分の個性を遺憾なく発揮して、
できたのがこの写真ですって、そりゃないよ(笑)
あんたまだまだいけるだろうよ。
とりあえず、頭の中の評論家を追い出すことから始める。

そんなことを東京行って考えました。
これで東京編はおしまい。


デニーズ (2006/08/18)
IMG_2024.jpg

サオリはこういうのやけにサマになるんだよな。
すごく良いと思う。

IMG_2026.jpg
ただ、こっちが本性なんだけどね(笑)
(いわずもがなですがイモを食ってる)

このシーンのしばらく後にタピオカvs黒コショウが始まります。
デニーズの一角をメチャクチャにして帰りました。
ごめんなさい(笑)


ライブ (2006/08/16)
IMG_1987n.jpg

ライブハウスで写真家と出会った。
今まで数え切れないほどのバンドを撮っている人。
ずい分珍しい撮り方をするなぁと思って聞いてみたら、
それが彼女のスタンダードだったみたい。

撮る側としてのライブの価値観が全然違った。
納得はできなかったけど勉強にはなった。


東京 (2006/08/16)
_MG_1891.jpg
書きたいことが沢山あると逆に書けないな。
東京は何でも極端だった。
暑くて湿気も多い上に冷房を効かせ過ぎている。
人がものすごく多いわりに人と目が合わない。
電車賃が安い。
バンドもすごくカッコよかった。

そんな感じ。あーあ、超適当だ(笑)


ただいま (2006/08/15)
帰ってきたぜ仙台。
帰りのバスで持病の薬が煙草吸いすぎて腫れたノドの奥に引っかかり、
口の中が常に苦いという最高にキモチワルイ状況になりました。
仙台に降り立って一番最初にしたことは、嘔吐です★オーイェー!というかオゥヴェー(リアルに死ぬかと思った)

もうくたばってしまいたいのでトウキョウレビューは後でにします。



夜行 (2006/08/13)
_MG_1857.jpg
あと何時間かしたら東京へ行くバスの中に乗っているのね。
夜行バスってワクワクする。俺、乗るの初めてだ。
なんだか知らないけど感慨深いね。

15日の夜に帰ってきます。
本家の長男がお盆に家を空けるなんてバチあたりだな(笑)
ぶっちゃけ一日中ひっきりなしに親戚が来て何か言われるから(大抵は今何をやってるかの話だろうな)顔合わせなくて気楽だわ。


うつくしいものたち (2006/08/10)
20060810144759.jpg
美しいものたち
わたしを苦しめるがいい
わたしはおまえたちのあるかぎり
死ぬもんか



寄り添う (2006/08/08)
_MG_1831.jpg
人真似でゴメン。でもかなり救われた。写真に救われた。
撮ることは楽しい。少なくとも撮ってるときは不安がなくなる。


最近ちょっと作品を撮ることに固執しすぎてた。
素直じゃないっていうかさ、ガチガチになっちゃって。
今日は初心に帰って撮ったら思いのほか良い写真が撮れたんだよ。
そういうのってやっぱ大事なんだなー。

うん、もっと沢山自分の写真が撮れる気がする。


覚え書き (2006/08/08)
少し行き詰まった。
自分は写真で何を伝えたいのかを、
もっともっと明確にしなくちゃいけないんだ。
積み木みたいに積み上げては崩しの繰り返し。
だけど、そうしているとだんだん混乱してきてしまう。
こういう苦しいときにこそシャッターを切れなきゃ抜け出せないと思って、衝動や欲望のままに写真を撮ろうと思って。

俺、どう評価されるのか知らないけどさ、
やっぱり自分の写真が一番好きだし。


写真フリーター (2006/08/05)
80120010.jpg
繊細な感情は形になって残る。
誰にでもあるだろう。
例えば、「初恋」と聞いて思い出されるあのイメージのことだ。
そんなものをさ、撮れたらいいなって思うんだ。

小林紀晴の写真学生を読んだ。
なかなか面白かった。若々しい。
時々、現像とかプリントが出来ないことや、
学生と比べて明らかに撮る写真の量が少ないことが気になったりする。
写真に対する唯一のコンプレックスかもしれない。
正統派じゃないんだろうな、僕は。
でも10何年もかけて学校に行く才能が無いってことを、嫌というほど思い知らされたから、これからも行くことはないと思う。

よくバイト先に来る、どっかの会社の代表取締りナントカっていう役職のおじさんと何故か打ち解けて、将来の話をした。
「写真で食ってくつもりなのか、色々悩むだろう?」って言ってた。
なんて答えていいか分からなかったから、お茶を濁しておいた。

おじさんが帰ったあと、
本当は「僕には写真を撮ることしかないから迷いはないです」って言いたかったな…そんなことを漠然と考えた。


囚われている (2006/08/03)
_MG_1398.jpg
物事は何であれ、静かに過ぎ去るものなのだ。
たとえそれが怒涛のような日々だろうとね。
寂しくないか?僕は寂しいよ。
いつもハシゴを外されたような気持ちになる。
ねぇ、そう思わない?

過ぎ去ったことをひねもす考える。
悔いている訳でもないのにのしかかるのは何故だろう。


帰省 (2006/08/01)
_MG_1564.jpg
久しぶりに家に帰った。
いつ帰ってもボロいなぁ、それは変わらない。
その代わり弟がでかくなってた…声変わりもしてた。
第二次性徴恐るべし。


PHOTOBLUFF
© 相沢 琢磨 2006. (http://peter1985.blog41.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。