2007・02
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



願望じゃありません (2007/02/28)
IMG_7307k.jpg
こうベタベタして街を歩くのって、どうも好きになれないけど、
写真にしてみたらまぁなんとも微笑ましいこと。
ただ、その高校生みたいなバッグはよした方がいいよ。みっともなくて。


写真の逆襲 (2007/02/27)
IMG_7305.jpg

ときには写真に見下されることだってある。


無になれ! (2007/02/25)

俺もたまにそう思ってますが。笑
死にたいとか消えたいとかそういうんじゃなくてさ、
初めからなんも無かったらいいと思うんだよね。
俺の好きな詩人がさ、作品の中でこんなことを言ってる。

「光が 光の速さで届く
光は私の体内を通過する
私は ここだけではなく
何処か他の場所にもいる

闇は征服された

だが しかし
私は 宇宙の中に
時の中に 意味の中にいて
私がほんとうにいたい
無の中には いない」

って。なんだか似たようなこと考えてるよねぇ。


最近の日々 (2007/02/24)
3月3日にカメラマンデビューが決まっていて気が気じゃない毎日です。
もうあとちょっとしかないのにダメ出しくらいまくって焦る。
確かに他の人の写真上手いんだよ、チクショウ。

焦ってる割にオフの日はボケっとしたりみんなでゆるく遊んだりしてよく分からないね。
今日もファミリーのみんなとファミレスで集会。
得体の知れない恐るべき物体をコーヒーカップの中に誕生させてた。
(塩、タバスコ、シロップ、クリーム、レモン、茶葉、等々)
それを奴の口に突っ込んでやりました。グッジョブわたし。


話は飛びますが最近涙もろくなりましたよ、っと(何故かなげやり)
感動のアンビリバボーで目頭が熱くなる。確実に。
こないだやってたのはあるボクサーの話でさ、
タイトルマッチで挑戦者として出場したんだけど、
殴りすぎて相手のボクサーを死なせちゃうんだ。
本気の勝負だから時にはそういうこともあるかもしれない。
でもチャンピオンにはなったけど、それがトラウマになって試合に出れなくなる。
それでどうなったかというと、死なせてしまったボクサーの父親と、
ジムの会長の励ましがあって、世界チャンピオンにまでなるの。
最後はさ、相手の墓前に世界チャンピオンのベルトを手向けるっちゅう話。
そんなん感動するに決まってんじゃんね。

あ、あと結婚式の新郎のスピーチは感動する。
ファインダーが曇りそうになるからもっと控えめにしてほしい。笑


何気なく。 (2007/02/19)
IMG_7254.jpg

そういうフリして実はこだわっていたりする。
自分の中では普段はやらないというか、斬新な構図にしたなあと。
諧調もきれいだし何気に気に入ってるというね、そんな感じ。


濃紺。オレンジ。 (2007/02/09)
IMG_7276.jpg

ここは、前に見た美しくて象徴的な夢にそっくりなんだ。
時々ここに来て眺めては眠る代わりにあの夢を再体験する。


伝えたいこと (2007/02/02)
IMG_7222.jpg

形はそんなに綺麗じゃないし、どちらかと言えば醜いほうだと思う。
というかただの街路樹で、どこにでもある。
だけど、枝のうねりに何か尋常じゃない執念を感じて、
そういうのってやっぱり美しいなと思った。

もちろん、この樹は何か伝えたいことがあってこういう形をとった訳じゃないし、
僕に撮られるのを待っていたのでもない。
だからこれは僕自身が感じたことを誰かに伝えるための写真なんだ。

自分自身を表現するのは、相手に自分を理解してもらうためだ。
伝えたいことがあるなら見る人のことを考えて撮る。
独りよがりで誰にも理解されないのは嫌だね。


PHOTOBLUFF
© 相沢 琢磨 2007. (http://peter1985.blog41.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。