2007・07
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



(2007/07/31)
IMG_7973.jpg

絶対引っ掛かってやんない。

そうそう、明日東京行ってくる。


どの世界も同じなのかも (2007/07/27)
IMG_7983.jpg

メダカにもメダカなりの不文律や事情、そういう面倒なものがあるのかもしれない。
なんせ、メダカの学校があるくらいだからね。

きっと彼らは鑑賞科出身で、
教師に「人間の前では澄ましてなさいよ」とか、
「できるだけ優雅に泳ぎなさい」なんて講義を受けているんだ。

大半は教師の話をよく聞いて、メダカらしく生きているのだけども、
もちろん中には落ちこぼれもいる。
一日中ガラスに顔をくっ付けて外を眺めているやつ。
それから水面から顔を出して口をパクパクさせているやつ。
しまいには水槽から飛び出してしまおうと企てるやつまでいる。

最近では透明メダカや発光メダカなんてのも出てきて、
まったく教師たちも手を焼いているんだ。


僕の生活とその闖入者 (2007/07/24)
ST280028.jpg

もうすぐ参院選か。
知ってはいるけど行かないんだろうな。
堂々と不投票を宣言するのもどうかと思うが。

ちなみにイタリアでは投票を義務付けられているらしい。
棄権の場合、その正当な理由を役所に届け出なければならない。
届け出を怠ったり、理由の正当性が認められなかった場合は、
不投票者として氏名が公に告知され、かつ、役所発行の個人プロフィルに5年間“不投票”と記載されてしまう

すごいね、ちょっと驚いたよ。
日本がそれを採用したとしても俺は行かないような気もするけど。

かといって政治に全く興味が無いわけでもないな。
今度の参院選で安倍内閣がどうなるか楽しみだったりする。行かないけど。
安倍総理が官房長官だったときはあんなにキリッとしてたのに今じゃ誰が見たって自信なさげだよね。
北朝鮮が動き出すと急にあの人も生き生きしだすのは面白いところだ。

それから久間さんは大臣を辞任しなくても良かったんじゃないかと思う。
とてもポジティブな発言だったのになんであんなに叩かれなきゃいけないんだ。

麻生さんも先日とんでもないブラックジョークを言って批判を浴びていたけど、
僕はニヤリと笑ってしまった一人だ。
個人的には麻生さんに総理になって欲しかった。

死んだ人とか顔に絆創膏とかは知らんよ。笑


鳩と人とは (2007/07/17)
IMG_7953.jpg

近年稀にみる更新頻度ですね。写真撮りに行った後、数日間は安定して更新できる。
って言うほど何年もやってないし毎週行けよって話ですよね。

とりあえずオッサンが寂しくなさそうで何よりだ。
とういかよっぽど幸せそうに見える。笑

ちなみに今日のタイトルは回文になってます。


Hello Hello (2007/07/16)
IMG_7949.jpg

こないだたまたま通りがかったんだ。
ありがたいことに、ここも2年前と何も変わってない。
自分の中にあるあらゆることと向き合うきっかけになった場所のような気がする。

信じられないくらい空が赤くてさ、どうしてもそれを撮りたくて。
あの時は分からなかったけど、ちゃんと世界と繋がってたんだなあと思う。
随分ひ弱な回線だったかもしれないけど。

できるなら、そのことを一番初めに話そうと思うんだ。


Origin (2007/07/16)
IMG_7951.jpg

嘘でしょ?


ミートソーススパゲティ (2007/07/14)
IMG_8089.jpg

ついこの前、友人の個展に行く話をしたよね。
それで、行ってみたらなかなか面白い出来事があった。

たまたまカメラを持っていったら、
お芝居のポスターに使う写真の撮影をやるそうで、もちろん飛び入り参加。

その後、ご飯に誘われて移動。
出てきたのはキロ単位のミートソーススパゲティ。笑
マジで美味かったよ。ってか出てくるものみんな美味い。
そんな感じで飲み食いしながらまた写真撮ってました。

そのときのが今日アップした写真。
暖かい写真撮れるようになったなぁと自分で思う。笑
仕事でやったことが自分にフィードバックしてるというか。

帰りは車で送ってもらっちゃったし。
至れり尽くせりだよほんと。


ゆるい感じに (2007/07/12)
雨降りばかりで過ごしにくいね。

今日は友人の写真展に行きます。
メディアテークそばのティッカというカフェでの展示。
ゆっくりコーヒー飲みながら作品を眺められる素敵なお店です。
ちなみにそこは僕の初個展が開催された場所でもある。
僕が写真に興味を持ち始めた頃から通っていて、何かとお世話になった。

それで、その友人を連れてって個展やりなよなんてさ。
手前味噌なんだけどね。笑
僕もある人からそういう風に紹介されて知ったわけで。
まぁ、次に繋げることができてうれしい。

で、人がやってるの見ちゃうと触発されて余裕無いのに自分もやりたくなるんだよね。
逆にそういう気分になるのが楽しくて行くフシもあるけど。笑

写真もね、ここはもちろん、ネット上で沢山見れるけどさ、
やっぱり生で見るのが一番良いよね。
作品の息づかいとか、思い入れなんかが伝わってきて。

なので今日は一日そこに入り浸るつもりなんだ。
作品たちに敬意を表しつつ、ゆっくりまったりしてきます。


身なりについて (2007/07/11)
IMG_7935.jpg
数年前から髪は自分で切っている。
よく、すごいねって褒められるけど、僕の周りではそんなに珍しいことでもない。
慣れれば人前に出られるくらいには切れるようになるし、
もし失敗してもそのうち伸びるしね。
何よりお金がかからない。余計な話をしなくて済む。

まだ若いから、そういうことができるのかもしれない。
(自分で若いからって言うのは多少の可笑しみを感じてしまう。
だって本当に若いんだもん。そういうのって、若くない人が若い人に言う言葉でしょう?
あるいはそれほど若くない人が自分を励ますために言うか)
とにかく、いつか一般的な意味できちんとした身なりを要求されるようになったら、それは通用しないのかなって、そう思う。
でもそういう日はまだまだ来ないかな、たぶん。笑

それから黒髪のこと。
ある日を境に髪を染めるのを止めたんだ。
そのままでいいや。と思ったから。
いや、それに至るまでに結構長いいきさつがあるんだけど、せっかくだから話しておく。

ピアスをね、してたんだ。高校一年のときから19歳のある日まで。
それまで無計画に開けまくってたりしたんだけどね、
そのある日、耳がもういい加減に止めてくれって言ったんだよ。というのは嘘。
(大体にして耳が喋ったら、何がその声を聴くんだろう?まさか耳じゃないよね)
自分を飾るのが嫌になったんだよ。本当のところ。
そんなことをしなくても自分は自分で在り得るというかさ。
ちなみにまだ学生で、そのときは授業中だった。
その場でピアスを全部外して、隣の奴にあげたんだかゴミ箱に捨てたんだかしたんだね。
やけにさっぱりした気分だったな。
その日から21歳の今日まで、一度もピアスをつけてない。

そういうことがあって、同じように今度は髪を染めるのを止めたってわけだ。
この論理でいくと、服装に関して、僕は全裸で過ごすか、
中国の山奥にいる仙人のような服装をしなくちゃいけないみたいなんだよね。
でもさすがにそれはごめんだ。笑
服には機能的一面もあるし、社会的な問題とか…。
だからそれは自分の基準で(一般的にではなくて)きちんとした服装をしようと思う。


どうでもいいというか、取るに足らないことを書いたかな。
ちょっと長すぎる気もするし。


色づく中身 (2007/07/10)
ST280026.jpg

携帯で撮った写真ですよ。

また微妙にブログマイナーチェンジ。
色がよ、変わったのよ。
あとトップページの隅っこのほうで写真の背景にする予定。

今日は何も言うことが無い気がします。
文句が無いって意味じゃないな、たぶん。


浅瀬の草 (2007/07/08)
プールの底から水面を見上げたことはあるだろうか?
中学のとき、水泳部員だったから、よくそうやって水面をじっと眺めていた。
水に沈むには少しコツがあって、まず体の力を全部抜かなきゃいけない。
それから、ゆっくり息を吐いて肺の中を空にする。
まぁ手で水をかいて留まることもできるけど、動かないでいた方がずっと良い。

プールの底に寝そべっていると、本当に落ち着く。
水の中は静かで水圧が心地よくて、水面は光で揺らめいて、
その向こうの空や景色は歪んで映る。
息をするために外の世界に戻るのを忘れてしまいそうになる。
割と簡単に神秘的な感覚を味わえていた。

今でも時々そのことを考えるんだよ。寝る前とかね。
目を閉じて水を想像してさ、力抜いて息吐いて。
浅瀬の草みたいな気分で。


写真 (2007/07/05)
20070705123932.jpg

結構前に撮った写真でも載せてみる。

もうカメラマンデビューしてから4ヶ月経ったよ。
へこみまくって死にそうになって、逃げ出したくなることとかあったな。
自分写真向いてないんじゃないか、とか思ったりさ。笑

最近やっと自分のスケールというか、色々考えながら撮れるようになった。
自分でこれ良いかもって思える写真も増えてきてさ。
楽しいよね、そういう時って。
満足には程遠いけど、充実してはいる。

お仕事のことで手一杯で自分のための写真から遠ざかっていたので、
そろそろ始動したい。梅雨が明ける頃にでも。

自分を生かすも殺すも全て写真で決まるんだなぁと思ったりした。


PHOTOBLUFF
© 相沢 琢磨 2007. (http://peter1985.blog41.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。