2008・08
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



奇跡的とも言える (2008/08/29)
IMG_0029_20080829090234.jpg

これほどナチュラルに、本を顔に乗せて寝るというベタなシーンをやってのけるヤツいたのか!
と、にわかにテンションが上がりました。

もう何も言うことないよ。ごちそうさまでした。

ちなみに外国のお方でした。さっすが!何やってもさまになるぜ。


. (2008/08/27)
IMG_0004_20080827192507.jpg

こうしている間にも、街のどこかで息を呑むような光景が生まれて、
そして次の瞬間にも失われてしまうことを思うと、じっとはしていられなくなる。

この写真がそうかと言われると…うん、気に入ってはいるけど、どうかな…ゴニョゴニョ


グラデーション (2008/08/23)
IMG_0029.jpg

奥にいくほど近代的になってゆく


雨宿り (2008/08/20)
IMG_0026.jpg

傍らにビールまたはワンカップがあったら、なお良し。


写真における、情報とエピソードについて (2008/08/18)
IMG_0019_20080818163152.jpg

僕がこのブログを書くとき、使用機材やフィルムの情報を付加しないのは、
写真を見る上ではあまり関係のないことだからです。
大体、それらを書くほど機材を持っているわけでもないし、いい加減な性格なので、
使ったフィルムをメモ代わりに書き残しておくことも僕には必要ない。という理由もある。

いずれにせよ、「この写真は、オリンパスOM-2nとズイコー28mmの組み合わせ、フィルムはコダックのTXで撮りました。」
と言われても、あまりピンとこないでしょう?


もちろん撮る側にとって、それらは重要なファクターではあるのだけどね。
だからこうして、中古カメラ屋に足しげく通ったりするのだ。
商品のズイコー28mmを試しにボディにつけてファインダーを覗いていたら、
そこへ中古カメラ屋としては珍しく若い女性が入ってきたので、つい撮ってしまったりする。
「おいしいレンズテストだなあ」とか、不純なことを思いながら。


ステンシル (2008/08/17)
IMG_0023_20080817202508.jpg

相変わらず僕は写真を撮っているよ。
でも、いつまでも壁に張り付いて変わらない彼のようにはいかなかった。
例えばあと二ヶ月で一つ年を取る。

変化していくのはそう嫌なことでもないけれどね。
その時々の楽しみ方もある(ちゃんと用意されてるんだよ、知らないうちに)
変化すること自体を楽しむことだってできる。

正確なことを言えば、彼だって、いつかは消えてしまうのだろう。
まあ、ずっとカメラを構えたまま同じ景色を眺め続けるのはさすがに飽きてしまうから、
やはり、それはそれでいいのかもしれない。


引力と斥力 (2008/08/13)
IMG_0008_20080813164912.jpg
子供率高いね。なんかアブないお兄さんみたいじゃん。笑

スナップで知らない人を撮ると、自分と同じくらいの若者の写真が一番少ないかなあ。そういえば。
避けてるわけじゃないけれど、「あ、撮りたい」って思うシーンに遭遇することがあまりないんだよね。


感度 (2008/08/10)
IMG_0007_20080810074843.jpg

誰かが愛は言葉にしなきゃ伝わらないって歌ってた。
確かに正しいかもしれないな、と思った。
でもやっぱり信じたい。そうじゃないときもあるんだと。


集合ソフト (2008/08/08)
IMG_0014_20080808192016.jpg
家族そろって一様にソフトクリーム食べている光景が、とてもシュールに感じられました。


(2008/08/06)
IMG_0001_20080804212540.jpg
今日はイマイチ興が乗らないなと思い、写真を撮るのを諦める。
なんとなく悔しくて、帰りのバスの中で退屈そうに外を眺めていた人を撮った。
まったく、これだから写真は飽きない。


PHOTOBLUFF
© 相沢 琢磨 2008. (http://peter1985.blog41.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。